「わくわくステーション」にご来場くださったみなさん、本当にありがとうございました。
6年ぶりの劇団公演。「見に来てくれる人なんているのだろうか?」と、始まるまでは不安でしたが、始まってみれば連日大入りの大盛況で、こんなに嬉しい事はありませんでした。
個人的には6年ぶりの劇団公演で、久々に『劇団』で作る楽しさや大変さを味わいました。役者陣に対しては、「相変わらずだな~」と感じる部分と、時間が経って「変わったな~」と感じる部分が絶妙にブレンドされていて、不思議でした。それが6年間という歳月なのかもしれません。
作品的には、全く深く考えずに、「とにかく笑えるものを、自分たちが楽しめそうなものをつくろう」と思って稽古しました。「いい年した大人がこんなバカやるなんて恥ずかしいかな?」と最初は心配していましたが、やってみるとこれほどしっくりくることはなく、「バカをやるのに年齢は関係ないな」と思うことが出来たのが、今回の一番の収穫だったような気がします。そう開き直る事が出来たのは、劇場に足を運んで、笑ってくれた皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
次は未定ですが、やるときにはまた来ていただけると嬉しいです。